手術無事終了

ライの手術が無事終了しました。
予定より少し遅れて14時に始まり、1時間半くらいで終わりました。

終わったあと先生がすぐに呼びに来てライに会わせてくれました。
呼吸も心臓の拍動もしっかりしていたし、すでに目も開きそうな感じで
麻酔の危険はほぼ大丈夫なんだということがはっきりわかりました。

摘出した脾臓もその場で見せてもらいながら説明を受け
2センチの腫瘍がボコッと膨らんでいるのがすぐわかり、その周囲にも
小さい予備軍のようなものが幾つかあって、ほっといたらもっと大変な
ことになっただろうということでした。

肝臓等の他の臓器への転移も今のところ確認されておらず
臓器の癒着もなかったので、通常の術式で摘出できたそうです。
出血も最小限で少なく済んだので輸血の必要もありませんでした。

今日はライのことを心配して、また輸血に備えて、ライの母ちゃんが
ゴールデンのタルトと精太、グレートデンのノワの3頭の精鋭を、
あーちゃんとランママがモモ、ヒナ、ユメ、ラン、ジャムのゴル軍団を連れて駆けつけてきてくださいました。

本当に心強かったです。
先生も輸血のドナーにはいつも苦労しているとのことだったので
この頼もしい援軍にとても感謝していました。

困った時はお互い様とはいいますが、ここまではなかなかできることではないので、それだけで嬉しくて涙がでてしまいます。

ライは今日はこのまま点滴を打ちながら酸素室で一晩を過ごし
明日もう一度血液検査して貧血がひどくなければ退院できそうです。
まだ油断はできないし、転移や再発のリスクも残っていますが
ひとまず大きな山をライは乗り越えてくれました。

ライと先生のがんばりに感謝です。
そして、今回お世話になった母ちゃん、あーちゃん、ランママ、キャンディ&プリン&ジャムのママとパパさん、シッターさん、大我ママに感謝です。本当にありがとうございました。
心配してブログにコメントくださった皆さんもありがとうございました。

摘出した脾臓は、このまま病理検査に出し、10日後に正確な腫瘍の
正体がわかる予定です。

今後もまたライの元気な姿の写真と共にご報告したいと思います。
[PR]
by yoshikun_lai | 2008-05-15 20:00 | ライの日記
<< ライおかえり! 手術することになりました >>