<   2010年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ライの症状

4日連続猛暑日で溶けそうな毎日ですが
ライの調子は良好です。
e0105809_0414390.jpg


これまでの発作の症状、音や水への過敏な反応や、股関節からきていると思われる
後肢の衰えなどから前庭疾患や馬尾(ばび)症候群などの病名が挙がりましたが
特定するには至らず、神経性の症状である可能性が高いということで
プレドニゾロンという抗炎症効果のあるステロイド剤を処方してもらいました。
服用3日目あたりから効果が出始め、元気なころのライのやんちゃな表情と動きが
復活してきました。

やはり、母ちゃんの言うとおり前庭疾患だったのかもしれません。
とりあえず、こっちが心配なくらい元気で散歩に行きたがります。
調子に乗ってまたぶり返してほしくないので、ライには申し訳ないけど
短い距離で済ませるようにしています。

6月の下旬に発作を起こした時
病院の先生にもできるだけライの症状を把握してもらいたくて
発作の動画を撮影しました。
以前から考えていたのですが、今までは発作が起きると動揺して頭が真っ白になってしまい
そんな余裕がなかったです。
それに、苦しんでいるライの目の前で動画を撮るという行動が
なんとなく、事件事故現場で野次馬が携帯をかざして撮影しているような
人の不幸を楽しんでいるような行動に思えて躊躇していました。

でも、ライの症状を先生に伝えるにはやはり百聞よりも一見がいいに決まってる。
そう信じて撮影しました。
下にその動画を掲載していますが、これは発作のピークが過ぎて
落ち着き始めた状態の頃で、眼振という眼球と瞼が痙攣している症状です。
音は消してあります。

いつかどのたかの愛犬が同じような症状になった時の参考になれば幸いです。
[PR]
by yoshikun_lai | 2010-07-26 01:00 | ライの日記

発作を乗り越えて

ライは今日も穏やかに過ごしています。

でも、今回更新するまでの間に大きな発作が2回あり、両方とも死を覚悟させられるようなものでした。虹の橋はまだ先だと思いたいですが、回を重ねるごとにライの衰えが進んでいるというのが事実です。

3週間前の6/14に起きた発作は、見ている僕も辛くなるほど激しいものでした。
朝ご飯を口にしようとした瞬間にバタンと倒れ、横回転で2回、3回と回転し、手足がつっぱり、体を弓なりに反りかえらせて苦しみました。

僕も取り乱してしまい、どうすることもできないまま、ただライをさすってやることしかできなかったです。

正直に言うと、こんなに苦しい思いをさせるのなら、このまま楽にさせたほうがいいのではないかという思いが頭をよぎりました。
1時間くらい経って、ライの状態が落ち着いて来たときに、またいつもの顔で僕を見つめるライを見て、自分の愚かな考えに深く反省です。生きようとしている命を人間の勝手な考えで絶つことなんてやはりしてはいけないことなんだと思います。

最近は大好きな散歩もままならない状態です。
いつものコースを最後まで歩けません。
途中で足がもつれてうまく歩けなくなり、しゃがみこんでしまうようになりました。

介助グッズが必要になりそうなので、シッターさんがさっそく介助ハーネスを貸してくれました。
いつもライの体に良さそうなことを色々してくれて感謝でいっぱいです。

いま心配なのは、この前の発作が今までの心臓からきているものと症状が異質なものであったことです。詳しくは検査していませんが、もしかしたら脳からきている発作かもしれないと病院の先生からは言われています。昨年末に切除した足首の悪性腫瘍が脳に転移していることも考えられます。

あんまりネガティブになっても暗くなるばかりなので、ライが動ける範囲で楽しい時間を過ごすようにするつもりです。
下の動画は、今年の5月頃に家でのブラッシングを撮影したものです。
画面が横に縦にで見づらいですが、家ではこんな感じでのんびり時間を過ごしています。

いつもこんな会話をしています。
[PR]
by yoshikun_lai | 2010-07-06 22:25 | ライの日記