ドッグランはやっぱり代々木公園!

ライの時も含め今までいろいろなドッグランに遊びに行きましたが、僕のなかで一番安心して大型犬を伸び伸びと遊ばせることができるのは代々木公園だと思っています。
e0105809_0254133.jpg

その最も大きな要因は、小型犬と大型犬でエリアの住み分けが明確となっていることでしょう。
代々木公園ではドッグラン内は、3つのフィールドで区切られています。
区分けは、
犬の体重10kg以上の「中・大型犬用エリア」
e0105809_0238100.jpg

12kgまでの「小・中型犬用エリア」
e0105809_0232571.jpg

5kgまでの「超小型犬用フィールド」です。
e0105809_0233393.jpg

他の公園ではエリアが明確になっておらず大小さまざまな犬たちでごった返しになっているところもあります。それは例えるなら高校生の部活と幼稚園のママゴトが同じエリアで行われている状況と同じではないでしょうか。

レトリバーやシェパードやボクサーなどの大型犬が高校球児だとすると
チワワやミニチュアダックスは幼児です。
それが同じ場所で遊べば事故が起こるのは当たり前なのではないかと。

ワンパクなリュウが遊びのつもりで小型犬にじゃれているつもりでも、小型犬にとっては暴力と受け止められて当然なのかなと思えてきます。

代々木公園の大型犬エリアには、普段お目にかかれないようなニューファンやロットワイラー、ドーベルマン、グレートデンなど、超大型犬が遊びに来ることが多く、小型犬エリアとのきれいな住み分けが成立しているのではないかと考えています。

だから、こんな感じの追っかけっこ(プロレス?)を心おきなくできるのかな。(音声消去。画像のみ)



[PR]
by yoshikun_lai | 2011-10-15 00:32 | リュウの日記
<< 感動的なシーンを邪魔する犬 (... ライの一周忌 >>