新しいパートナーを迎えました。

8月初旬に「あるボランティア団体に保護されているゴールデンを引き取らないか」という話を持ちかけられました。
その子は生後8ヶ月で、なす(那須)アニマルクラブという団体に保護されているとのこと。
紹介してくれたのはライを保護してくれたデカワンズ母ちゃんです。

大型犬OKの賃貸物件に住んでいるとはいえ、引っ越したばかりだし、転職したばかりだし、出張もけっこうあるし。何よりもライが旅立って1年も経ってないということが大きくて、話を打診された時は逡巡しました。
それに、生後8ヶ月というまだパピーの子をちゃんとしつけして世話ができるのか不安もあるし。

一方で、もう一度ゴルとの楽しい生活を送りたいという思いもあり。。。

そんななか、「この出会いはライが引き寄せた縁だ」というデカワンズ母ちゃんの直感と、もう一人、僕と同じように一人暮らしでゴールデンとの生活を送っている方からのあまりにもタイムリーなメッセージに後押しされ、なすアニマルクラブに問い合わせしました。

代表の方に電話するとその子の里親はまだ見つかっていないとのこと。
よかったら8月21日に栃木のイオンさくら店で里親会をやるので会いに来てくださいと言われました。
保護された経緯を聞いたことろ「ペットショップで売れ残り大きくなりすぎてしまったため処分されるところを保護したゴールデンだ」ということでした。
金儲けオンリーのいい加減な生体販売は未だに蔓延しているんだなと改めて感じました。

会いに行こう。
そう思った時点で引き取ることは90%以上決まったようなものです。
ライの時もそうでした。
会ってから決めようと思ってたけど、会う前から決まってたんです。

そして8月21日がやってきました。
当日はデカワンズ母ちゃんも心配して付き添ってくれました。
往路の車中で名前を考えて、ライが雷神からとった名前だったから、風神のフウとか、でもそれは他の子につかってるからジンにしようかとか、マロンに似せてマカロンはどうだとか話しているうちに、龍神がのこっていることにふと気が付き、「リュウ(龍)」にしよう!ということになりました。

小雨が降り続くなか、里親会はイオンさくら店のガーデンコーナーの一角で雨をしのぎながら開催されていました。

リュウは小さなバリケンの中でぐっすり眠っているところでした。
e0105809_23335931.jpg

母ちゃんがそっとバリケンの扉を開け声をかけるとリュウは起き上がり、すぐに母ちゃんにまとわりついてきました。
e0105809_23361641.jpg

ペットショップでずっとケージに閉じ込められ、売るために小さく見せようと成長を抑制されていたのか、栄養不足と運動不足で筋肉がついてなく、明らかに標準以下の体型です。
e0105809_23102540.jpg

見た目は健康そうですが、体中に湿疹やかぶれができて痒そうにしています。

僕の気持ちはもうとっくに固まっていました。

はじめまして。リュウです。
これからよしくんと一緒に生活します。みんな仲良くしてね!!
e0105809_23222163.jpg

2代目「リュウ」との新しい生活のスタートです。
みなさんこれからもよろしくお願いします。

ライへ
僕たちのこと空から見守っててね!
[PR]
by yoshikun_lai | 2011-08-23 23:37 | リュウの日記
<< ほろ苦デビュー!? 転居と解体完了 >>