ライはがんばっています!

腹水が溜まり始めて2週間が経とうとしています。
さんざん考え抜いた末、抗がん剤を8月20日に投与しました。

その効果もあってか、お腹の水の量はほとんど増減がありません。
でも、顔から胸、前肢にかけての上半身に溜まる水の量が増えてきていて先週の土曜日に朝起きてライの顔が別人のようにむくんで膨らんでいる姿を見たときは愕然としてしまいました。

顔から首筋にかけてマッサージしたり、温めたり冷やしたりの刺激を加えて日中は元のライの顔に戻りましたが、夜眠っている間に循環機能が低下するようで翌朝にはまた強烈なむくみ顔になってしまい、前肢も右足がパンのように膨らんでいました。

大型犬に特有の、胸元の皮がたるんでいる部分に水がどんどん溜まっていて呼吸を圧迫し始めているせいか咳をする回数も増えてきています。

食欲は波があり、食べるときはお肉やおやつを食べてくれておしっこもウンチも庭に出て排泄できる状況です。
でも、自力で立ち上がるのもかなり難しくなりつつあります。
ウンチの時に踏んばったり、いきんだりするのも相当体力を消耗しているようです。

病は少しずつ進行しているのかもしれません。
でもライは本当に多くの人たちに愛されていて、今もシッターさんやお里の母ちゃんや彼女さん達をはじめ、ライを愛する皆さんに支えられて、辛い顔を一つも見せずに頑張っています。

僕もライの前では悲しい顔やネガティブな発言を一切しないようにして今までと変わらない穏やかでニコニコな毎日を過ごしています。

今日は仕事を午後早めに切り上げて帰宅し、いつもの土手に車で連れて行きました。
今までは着くなり車から飛び降りて、芝生の上でゴロンゴロン転がりまくっていたライももうそれは出来ず、おしっこをしたらもう歩きたくないと言うので、芝生の上で夕涼みをしてきました。
e0105809_21321668.jpg

e0105809_2150714.jpg

動いているときはむくみも少し引いてくれているので顔を上げているといつものライのようにも見えますが、地面に伏せるとエイのように水が溜まった
皮膚が広がってしまいます。
e0105809_21535333.jpg

やはり外の空気を吸って緑に触れることって大切ですね。
ライもきっとリフレッシュしてくれたと思います。
[PR]
by yoshikun_lai | 2010-08-26 22:21 | ライの日記
<< 1リットルの胸水採取 ライの余命 >>