転移していました

ライの腫瘍が転移していることがわかりました。
手術が終わってから、できるだけライの体を全体的にさすって
他にしこりがないかを確認するようにしていたのですが
昨日の夜、ライの右肋骨の背中に近いほうに小さなしこりがあることがわかり
いてもたってもいられなくなって、今日は無理やり仕事を半休にして
病院に連れて行きました。

針生検の結果、先日摘出した腫瘍と同じ細胞で、明らかに転移したものであるとの診断でした。
まだ手術が終わって1ヶ月も経ってないのに…
せっかく前向きになって、楽しく過ごしていこうと気持ちの整理ができるように
なってきたのに、また目の前が真っ暗です。
きっと手術する前にがん細胞は血液に乗って体の中を巡っていたのだと思います。
切除してもきりがない。そんな状態です。

病気の正体が判っているのに何もできないなんて。
このまま腫瘍が大きくなっていくのをただ黙って見ているしかないというのが
とても悔しいです。

e0105809_23145030.jpg

[PR]
by yoshikun_lai | 2010-01-29 23:16 | ライの日記
<< ブログさぼり中の出来事~八ヶ岳... 雪あそびの動画です >>